語学留学に向けた準備について(社会人編)

語学留学をするには、事前のスケジュールや事前準備が重要となります。

まずは目的や予算を決める事、次に住居や学校を決めたり、語学学習に励んだりというような下準備が大切です。
目的ですが、社会人で語学留学に行かれる方は、英語をもっと勉強したい、海外に行って視野を広げたいというような目的が多いかもしれません。いずれにせよ、目的が曖昧なままでは、向こうに行ってから日本人とばかり話していて、なにも学びがなかったというような状況になりかねません。
また、多額のお金をかけて留学に行くのですから、海外でないと本当にできないことなのか、よく考えたうえで決断されることをお勧めします。予算に関しては、国や期間などによって異なります。
目安として、3か月のオーストラリアへの短期留学では、50-70万かかるケースがあるようです。もし、エージェンシーなどを利用した場合などは、さらに料金が発生するため、注意が必要です。

学校選びについては、エージェンシーや専門の団体を利用されることをお勧めします。もちろん手続きまですべてお願いするということをしなくても、カタログを請求したり、話を聞いたりすることは無料のケースがほとんどのため、適度に利用するのが良いでしょう。
なお、住居については申しこんだ学校で寮やホームステイの申請ができることもあります。
必要に応じて問い合わせすると、良い情報を提供してくれることもあります。語学学習は必ず事前に少しでも行うと良いでしょう。これは経験者全員が口をそろえて言います。
ある程度基礎知識があれば、海外の友人を作りやすいですし、英語を利用した仕事も得やすいです。
逆に全く英語を話せない状態で行くと、休日は日本人の友人とのみ遊んだり、仕事も日本語を使うジャパニーズレストランで日本人と一緒であったりという状況になってしまいます。以上を踏まえ、充実した語学留学にしていってください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です