高校での留学について

いま、大学受験での資格等に、「留学」というものが進出してきています。
それについて、いくつかおかしなことがあるのです。もしかしたら実際は一つだけなのかもしれません。

本来の留学とは、外国で勉強および研究をする、という学生限定のものではなく、大人も留学していくべきだと思います。
まあ、たしかに大人になれば忙しい、なんてこと、よく言いますけど、それをこどもに押し付けるばっかりの大人でいいのでしょうか。
自分がしてもいないことを子供に押し付け、自分は高見の見物をきめこむ、なんてのはちょっとばかり卑怯だと思います。

まあ、ですが、自分も学生の留学に反対というわけではありません。むしろ、その経験がいつかみをむすぶことになるのなら、否定する理由がありません。じっさい、自分の友人がこれから外国に行って(ホームステイ)勉強・・・とは違う、「経験」を積んで来ようとしているのです。その人の場合、人からの強制は一切なく、自分で思い立って、外国に行こう、そこでいろいろなことを学んでこよう、なんてことを思ってホームステイを決心したんだと思います。
その人もやはり、人から言われてからだったら何もしたくないしどこにも行きたくない、だなんて言っています。このご時世、留学は受験に有利になり、さらには自分の貴重な経験となる、これなら何も文句はありません。しかし、先ほど述べたように、人があーだこーだ言って決めさせることではないと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です