将来のために留学中や帰国後にやっておくべきこと

留学した経験が就職活動や自分の将来にいかせるものにするためには、留学に一貫性をもたせることが大事です。

留学の動機と現地での行動、その後の自分の感想などを整理し、筋を通して面接官などに語れるようにしておきます。
これは、一貫性を意識していることが結果を左右することもあるからです。また、自身の変化や成長に気づくために、自己分析することも大事です。自分のアピール材料がわかれば、自己PRや志望動機にも説得力が生まれ、面接でも自信を持って主張することができます。

自分自身を見つめなおすのが難しい人は帰国直前にホストファミリーや留学中にできた友人、帰国後に家族や友人など、第三者に聞いてみた答えをまとめておきます。
インターンシップやワーキングホリデーなど滞在中に働く体験をした場合、成果を形として残すために、上司に評価シートや修了書を描いてもらえないか交渉することも大事です。これがあれば、帰国後、就活の際にアピールできる材料になります。
ただし、誰にでも書いてくれるわけではないので、一生懸命働き、上司や同僚に認めてもらうことが何よりも大事なことです。

就きたい職業が決まっている場合は、留学中に関連する資格を取得することも可能です。その際、受講できるコースや期間などが決まっているので、渡航前にリサーチして適切な学校を選ぶ必要があります。専門学校を選択すれば、知識と技能を同時に得ながら資格取得できるコースもあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です